通信制高校とサポート校って何がどうどのように違うのか教えて

通信制高校に通いながら自分の未来を模索する

通信制高校に通っている人は少なくありません。
その通っている人の年齢層の広さはいうまでもありません。一度社会に出て働いていた人がもう一度高校に通いたいと思って通信制高校を探して通うこともあるでしょうし、昼間働いていて、夜間に学校に通う人も珍しくありません。
芸能人が通っているなんて話もよく聞きますよね。
そんな広い受け皿な通信制高校。ここでの学習は主に自宅で進める学習になります。
自宅で進めるということは、学習のペース管理も、内容の把握もすべて一人で行うということ。わからないところがあってもそれを尋ねることができませんから、どこまでいっても一人。
でもそれが主な通信制高校での学習になります。
もちろんそうでない学校もあります。登校頻度が高い、まるで全日制高校かのようなスタイルで学びを進める学校を選べば、学校に通うことをよしとする方はきっと満足できるはず。
いろんな学校を見てみましょう。


■通信制高校で学べる内容は限られている■

一人でできることなんてたかがしれています。
人間一人の力なんて、そうたいしたものではないからです。学習となると余計にそうです。
通信制に通っているだけでは得られない知識をどこかで補わなければ。通信制高校は単位制であることがほとんど。
つまり単位を得ることができなかったら、卒業することができないのです。
単位を得るための学習を進めるにはどうすれば良いのか。サポート校に通えば良いのです。サポート校は通信制高校だけでは足りない学習を補うことができますから、卒業の未来に近づくことができるということです。
サポート校で学べる授業にも幅がありますから、自分が学びたい学習内容を展開しているところに通いましょう。無駄な学習を進めている暇はないのです。


■自分の未来を考える■

大げさな話ではありません。自分の未来がどうなっているのか、それに想いを馳せましょう。
そりゃあ、正しく未来を予知することはできません。自分の未来の可能性は無限に広がっているのですから。
ですが、できるだけ良い未来を夢見るのは当たり前。そのためにはできるだけ自分の良い未来に近づくための道を模索して、今後の未来を正しく理解しておくことが大切です。何も怖くありません。
そしてもしその道の途中で進むべき道に迷ってしまったなら、もっと自分よりも正しい知識を持ち合わせている人に相談しましょう。そして尋ねるのです。自分の進むべき方向はこっちで合っているのか。それとも間違っているのか。